【2日目】ファンが球場に足を運ぶワケとは・・・

MLB春季キャンプインターン初日を迎えた優太さんですが、初日からメジャーリーグの贅沢な経験を積んでいる様子。野球場に足を運ぶファンの行動から、アメリカ野球の醍醐味を感じたようです。



「野球場」を楽しみに来ているファン

インターン初日!今日から一週間スコッツデールのスタジアムを運営する職員の下でお世話になります!朝は、ホテルから徒歩で球場まで!そこで迎えてくれたステファニーさんとジェフさん。二人ともとても優しい方々で安心しました。

1


まずステファニーさんに球場を案内してもらいました。外野は天然芝の丘の様な観客席になっていて、そこでは野球以外にもピクニック目的で来る人もちらほらという話を。。(お金を払ってまで球場に入って本当にそんな人たちが本当にいるのか!?)

すぐその横には、特設で建てられたようなNPO法人によって運営されているバー(?)がありました。ステファニーさん曰く、そこに来る人は、野球目的じゃない人もいるよと言っていました。

実際試合が始まって球場内の見回りで歩いていると、外野席の芝生の所には、完全にゲームを見ずにシートを敷いてお酒を飲んでいる大人たちと走り回る子供たち。気になったので、バーにいるお客さんに話を聞いてみると、「旨いビールだよ!試合?あまり見てないから分からないよ笑」と、ステファニーさんが言っていた通りでした。野球観戦を楽しみに来ている人、そして「野球場」を楽しみに来ている人、ここにメジャーリーグと日本のプロ野球に違いを感じました。

2


今日は試合中、フィールド上の設営のお手伝いをしました。メジャーリーガーのいるフィールドで自立型のネットを移動させるという業務。単純作業にもかかわらずなぜかとても緊張しながら運んでいました。

試合の終盤8回には、フィールド設営でお世話になっているスティーブから「ダグアウトに来い」と告げられました。「ダグアウト?ダグアウトってあの選手がいるダグアウト?まさかなー試合中だしそれはないよなー」と、思いながら連れていかれた先は、本日の相手のコロラド・ロッキーズのダグアウトでした!

「ワォ!!」思わず口から出てしまいました。メジャーリーグの試合でメジャーリーガーのいるベンチで試合を見る・・・・・。アリゾナに来て良かった――!本当に感動でした。イニングの始まりと終わりに目の前で行き来する選手たち、正直名前も知らない選手が多かったですが、本当に貴重な経験をしました。

3


ダグアウトの空気感を肌で感じることが出来たのは本当にうれしかったです!

試合はジャイアンツがサヨナラスリーランで見事勝利!試合終了後はグランド整備をしてホテルに帰りました。明日は一軍の試合が無いので、二軍の球場にて球場設営の手伝いをする予定です。