large_P1080058

私は、野球が大好きで、中でも、日本のプロ野球は、幼い頃から球場やテレビで見ていました。そして将来、日本のプロ野球の活性化に貢献したいと考えるようになりました。同時に、今のプロ野球について調べていく中で、その現状が見えてきました。今日の日本は、野球ファンが減少しており、野球場の観客動員数を増やすのも容易ではなく、プロ野球を統括しているNPBも、経営が難しくなっています。そこで、プロ野球を活性化させるにあたり、マイナーリーグの経営方法が参考にできると考えました。マイナーリーグは、独自のプロモーション方法でファンを確保していて、私はその方法に大変興味を持つのと同時に、そこから学び、日本へ持って帰れるものはたくさんあるのではないかと考え、今回このプログラムに参加することを決めました。
large_P1070290

初日はサザンリーグに所属する「モンゴメリー・ビスケッツ」で職業体験を行い、その後バーミンガムへ移動し、「バーミンガム・バロンズ」で五日間の職業体験を行いました。ビスケッツでは、主に掃除のお手伝いをさせていただきました。掃除のスタッフたちは、試合開始の何時間も前からスタジアムの様々なところを掃除し、トイレの用品に不備がないかを何度も確認し、試合中も常に周りに目を配り、落ちているゴミがあればすぐに処理していました。自分も同じことをさせてもらう中で、選手が試合をし、皆が試合を楽しんでいる間にもファンのために働いている人がいるということを改めて感じ、とても仕事にやりがいを感じました。
large_P1070360

バロンズでは、五日間に渡り、様々なセクションの仕事を体験することができました。スイートルームやボールルーム、キッチンやマスコットの控室など、普段では絶対に見ることができない裏側を見学させていただき、試合が始まってからはイニング間のイベントの運営や着ぐるみレースへの参加、試合前のセレモニーでは車に乗ってマスコットキャラクターとともに球場を一周し、さらには審判へ試合で使う公式球を手渡しすることもできました。また、チケットブースやメディアブースでの仕事も体験することができ、実際にファンと触れ合う機会もたくさんありました。
large_P1070767

中でも一番楽しかったのは、バロンズのスタッフとともにイニング間の様々なイベントに参加したことです。
large_IMG_2320

子どもたちのレースのお手伝いや自分たちが走った着ぐるみレースはもちろんのこと、「Scream!!」と叫びながらファンと一緒に絶叫する時間や、ファンの前に立って音楽に合わせて踊る時間、そしてトヨタの車に乗って手を振りながら球場内を凱旋したりと、短期間の中で本当にたくさんの経験を楽しむことができました。
large_P1070610

私は日本人で、アメリカの現地の人たちと会話でコミュニケーションをとるのはなかなか大変でしたが、これらのイベントの間はただひたすら笑顔で、自分が誰よりも楽しんでいるだけでファンとひとつになることができ、心と心でコミュニケーションをとることができたように思います。
large_P1070412

私のインターンの目的として、マイナーリーグの球団のいいところを日本へ持ち帰る、というものがありました。五日間で一番感じたのは、バロンズは球団とファンの距離が近い、ということです。球団スタッフとファン、球団マスコットキャラクターとファン、そして選手とファンまでもが、とても近く感じました。試合が終わったあと、ファンが席から選手に向かって「ヘイ!調子はどうだい?」なんて聞いたりもするのです。それを軽く流すのではなく、立ち止まって話をはじめている姿を見て、なんていい関係だろうと感動しました。
large_P1070753

そして、球団とファンが近い最大の理由として、毎日かわるがわる行われるプロモーションにあると思いました。Tシャツを客席へ投げ入れる日や、試合後に花火を上げる日、日曜日は軍隊の人は割引になったり、木曜日はビールが安く飲めたりと、とにかく毎日あらゆるプロモーションでファンを喜ばせていました。そしてイニング間に行われるイベントの中で、「KISS TIME」というスクリーンに映し出されたふたりはキスをする、などという日本ではありえないような時間もあり、とても斬新でした。日本にはないユニークなイベントを今回肌で感じることができ、今後の自分の目標に向かって一歩前進したように思います。
large_P1080424

今回のインターンシップの中で、笑顔で前向きに行動すること、何事も「やりたい」という姿勢を見せること、そしてコミュニケーションを自分から積極的にとることの大切さを痛感しました。英語がしゃべれないからといって、伝わらないことを恐れていてはなにも起こりません。疑問に思ったことはとりあえず口に出せば、現地のスタッフは根気よく、伝わるまで耳を傾けてくれました。
large_P1080429

拙い英語でも「これが知りたい!」という強い思いが伝わり、インターン中は常にスタッフの人たちと会話を楽しみました。そして、笑顔で明るく「やりたい!」という姿勢を見せれば、可能な限りたくさんの経験をさせてもらうことができました。

アメリカという日本とは異なった環境での職場体験は、今後の自分にとってかけがえのない財産になると確信しています。このような素敵な機会をいただき、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

順天堂大学 太田 沙知

For the Baseball~すべては野球のために

★2018年春実施!MLBスプリングキャンプ就業体験を実施!
スプリングキャンプで就業体験をし、アメリカの4大スポーツを体験!
MLB春季キャンプ就業体験ツアー2018

★海外のスポーツの現場に携わりたい!スポーツビジネス留学について知りたいあなたへ。
『個別カウンセリング予約』をクリック!

★海外へ挑戦した先輩の声を見てみたい!
『夢ブログ』へ!