P1090140

「MLBを生で見てみたい!」
私がこのツアーに参加してみようと思った理由は2つあります。1つは、元々いつかメジャーリーグの試合を生で観てみたいという思いがあったからです。もう1つは、私は4月から4回生で就職活動のタイミングだったので、自分の好きな野球に関わる就業体験を出来るということに魅力を感じたからです。私は今回のツアーでは、“働く”という観点で何か感じることができればいいなと思って参加しました。

P1080644

「みんなが楽しみながら働いている!」
正直参加する前までは、就業体験は後付けのようなもので、メジャーリーグの試合を生で観ることを主として楽しみにしていました。しかしこのツアーを振り返ると、就業体験の方が心に残っていると感じます。なぜなら、仕事としてではなくボランティアだからこそなのかもしれませんが、働いている方々はみんな楽しそうで、さらに日本での“働く”という型にはまっていないように感じたからです。実際に就業体験中に現地の働いている方々と話をして、ボールパークのイベントスタッフが仕事を引退された方々で、ボランティアでやっている方がたくさんいらっしゃることを知りました。また、ボールパークのスピードピッチ等のイベントの収益が、野球や子どもへの寄付に回されているという仕組みも初めて知りました。

ここに写真貼ってもらう感じです_180327_0030

「本当のボールパークを感じた!」
私は、スピードピッチの受付をしていた時に年配の女性がゲームはできないけど、とお金だけ渡して寄付して下さったことが一番印象に残っています。この女性の心温まる行動と、現地では浸透しているのかもしれませんが、来場者がイベント等の収益が寄付に回されていることを知っていたことに驚きました。
“ボールパーク”には日本の野球場とは違い、野球観戦を目的としていないお客さんもいて、まさに1つの“パーク”として楽しみに来ていることにも驚きました。


P1090045

「新しい視点の発見で、この先にも活かしていきたい!」
私は今まで海外では働き方や働く姿勢、働いている態度はそれぞれの国ならではで、日本と大きな違いがあるとざっくりと思っていました。私の個人的な印象ですが、日本で働いている先輩に話を聞くと、仕事に対してマイナスの発言が多いな、と感じます。しかし今回の就業体験でボランティアをしている方々と接していく中で、そこにいる人たちは能動的で、心から楽しんでボランティアをしているのだな、ということを感じました。さらにお客さんへの接し方も“Have fun!”と声をかけたり、ジョークを言い合ったりしてとてもフレンドリーで温かさを感じました。

今回このツアーでは、旅行とは違い、少しですが実際に働いてみることによって、様々な“概念”の新しい視点の発見が出来ました。私はこの経験をこれからの就職活動に繋げていきます!


大学3回生 中田萌


★MLB球団インターンへ興味のある、挑戦したい方はこちらへ!
→ MLB球団インターンの詳細へ

★インターンに参加者の声を聞きたい!
→ 過去参加者の体験談ブログへ!